イメージ画像

パワーストーンの水晶で作る実印と印鑑登録

実印登録しようとする場合、新たに印鑑を作ることはよくあることです。
何か人生の節目に当たるときもあることから、いいものにしようか、
それとも値段で決めるのか、迷うのも当然です。
実印用の印鑑は値段もかなりすることが多くあり、簡単には決められなかったりするのです。

そういった判断の中で、パワーストーンを使った印鑑などを作る人も増えました。
人生の節目に当たるために、こういったものを選ぶ人が多いわけです。
パワーストーンといってもいろいろな種類がありますが、
基本的に印鑑に使われる印材としては石英の流れになります。
石英の中でも無色透明のものを水晶と呼び、パワーストーンのみならず、
皆が知っている石になるわけです。

こういった効果は眉唾だという人もいますし、効果のあるものだと信じる人もいます。
石には昔から不思議な力があるといわれ、様々な逸話も作られましたし語られてきました。
好き嫌いはあるものではありますが、印材としてはとても美しいものが出来上がります。

実印とするには、最低でも手仕上げの方法で印面を加工しなければいけません。
機械彫りでは、同型印が出来上がってしまうからでもあるわけです。
水晶は鉱物である以上、軟らかいとは言えない印材です。

ですが、石材印を作ってきたところでは手彫りができる技術者もいます。
そういったところに注文することで、安心して使える実印を手にすることもできるわけです。
いくら運気が上がるといわれる水晶であっても、機械彫りでは最初から危険なものになるわけですから、後で後悔することが出てくるのです。

このページの先頭へ