イメージ画像

印鑑書体としては使わないゴシック体も使い方次第

印鑑書体といえば、使われる書体はある程度決まっているものでもあります。
それは書道から発展してきている印鑑である以上、
書道で使われない書体はあまり印鑑に適しているとは言えないからです。
ですが、世の中には様々な書体が存在し、パソコンの中などにはフォント情報として、
多くの書体が取り込まれているものなのです。

その中でもゴシック体といえばとても有名な書体です。
線の太さが均等であり、全く飾りのない書体で、見出しなどで多くつかわれるわけですが、
小説などでは決して使われることのない書体です。
コンピュータの世界では、最もメジャーな書体ともいわれ、
さまざまな派生形まで生まれました。
そのゴシック体は印鑑には最も似合わない書体かもしれません。
線の太さが一定のため、同型印が生まれやすく、
手仕上げや手彫りの意味がないからでもあります。

ところが、スタンプやロゴマークともなれば話は別になってきます。
とても見やすく強調感が強いフォントであるゴシック体は、
ロゴなどに多くつかわれたりするものです。
線が一定のせいでとても見やすくできますし、しっかりと相手に伝わります。
機械彫りの場合は、フォントとして格納しているものも多く、対応が早いともいえるわけです。

印鑑やスタンプも使い方次第です、 実印などとは違い、宣伝的要素のあるものとかであれば、
格式などにこだわる必要もないことから、印鑑書体ももっと柔軟的に考え使っていくことも必要になってくるのです。

このページの先頭へ