イメージ画像

法人関連の印鑑サイズ

法人で使用される印鑑には主に三つの種類の印鑑があります。
一つはその法人を代表する人が使用する印鑑で、代表者印と呼ばれるものです。
会社を立ち上げる時には法務局に登記を行いますが、その時に登録する印鑑が代表者印です。
これは法人版の実印登録と同じで、その会社の代表を表すとても重要な印鑑になります。
ですから実印と同じように印鑑サイズに規定があります。

実印と違って代表者印のサイズ規定では一辺が1cm以上3cm未満の印鑑でないと登録することができません。
個人の実印とは規定となる印鑑サイズが違っていますから注意が必要です。
代表者印として使われるのは直系が18mmの印鑑が多いようです。
この印鑑は法人の代表者としての権利など証明する時に必要となるものですから絶対に紛失したりしてはいけません。

法人で使用される印鑑の二つ目は銀行印です。
個人の場合と呼び方が同じですが法人では普通口座ではなく当座での取引を使用します。
小切手などの決済に使用する重要な印鑑ですからこちらも厳重な管理が求められます。
一般的には代表者印より小さいことが多いようですね。
間違ってこの印鑑が外部に渡ってしまうと、その企業のお金に関わることが自由に出来てしまうのでこれも決して無くしてはいけません。

法人で使用される三つ目の印鑑として社印があります。
これは会社の関係する書類に押されるもので、個人の場合でいえば認め印の仲間になります。
ただ、個人の場合と違って代表者印などに比べて大きいサイズを使用することが多いですし、
丸い印鑑ではなくて角ばった角印を使うことが多いです。
それぞれ個人の印鑑に比べて重要度がかなり高い物が多いので管理をしっかりと行う必要があるでしょう。

このページの先頭へ